×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 logo

エリオット波動原理

エリオット波動原理(Elliott Wave Principle)


調整波のウェーブ・パターン

ジグザグ

調整波の中でもっとも多く見られるパターン。AとCが5波動、Bが3波動で構成される。
B波はAの始点には及ばない。
大きな調整ではA-B-C-X-A'-B'-C'のダブル・ジグザグになることがある。
ジグザグ 上昇トレンドの調整波
(5-3-5)
 
 
ジグザグ 下降トレンドの調整波
(5-3-5)
 
 
 

フラット

AとBが3波動Cが5波動で構成される。B波はAの始点を超える。
変形フラットのランニング調整ではBがAの始点に向かって急激に動いた影響でCがA水準に達しない現象がおこる。
フラット 上昇トレンドの調整波
(3-3-5)
 
 
フラット 下降トレンドの調整波
(3-3-5)
 
 
 

トライアングル

通常、第4波動で見られる5つの波動から成り、各波動は3波動構成となっている。

第2波動がジグザグやフラットなど単純の時は第4波動がトライアングル(複雑)になり、第2波動が複雑の時は第4波動が単純になる。このように一つの相場において同じ調整波は出現しない現象を
Alternation(オルタネーション)という。
トライアングル 上昇トレンド調整波
(安値切り上げ形)
 
 
トライアングル 下降トレンド調整波
(安値切り上げ形)
 
 
トライアングル 上昇トレンド調整波
(高値切り下げ形)
 
 
トライアングル 下降トレンド調整波
(高値切り下げ形)
 
 
 
 
ダブル・スリーとトリプル・スリー

ここで言うスリーとはジグザグやフラットなどa-b-cから成る3波動の単純パターンが組み合わさったものである。
ダブル・スリーは7つの波動の中にa-b-cが2つ含まれる。
トリプル・スリーは11の波動の中にa-b-cが3つ含まれる。
ダブル・スリー
 
 
トリプル・スリー