×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 logo

パラボリック(SAR)

パラボリック(SAR)

パラボリック(SAR)は、放物線状という意味のとおりボールが落下するときに描く放物線が価格変化の時間移動に連動して動く。J.W.ワイルダーが考案した。
独特のドット・ラインが特徴的である。Parabolic Time Priceという。

パラボリックの構成要素と計算式

SAR = 前日のSAR+AF×(EP−前日のSAR)


EP:極大値
 SARが買いサインを示している期間の最高値
 SARが売りサインを示している期間の最安値
AF:加速因子 (0.02≦AF≦0.20) 終値が高値を更新するたびに、+0.02ずつ加算される。

パラボリックはトレンドの無いもみ合い相場では騙しが多く出るため、DMI+ADX、MACDなどトレンドの強さや方向性を示すオシレーターを併用するのが望ましい。トレンド内でポジションを取った後、SARをトレーリング・ストップとして利食いや、損きりのポイントとするとうまく機能する。これを応用してドテンの建て玉を張るといった使い方も考えられる。

売買ポイント
上昇しているSARが下降している日足と接触した地点が売りのポイントとなり、下降しているSARが上昇している日足と接触した地点が買いのポイントとなる。

パラボリックはトレンドが比較的強く出ている相場において利益確定の反対売買をするタイミングを測る場合に役立つ指標である。
押し目・戻りなどの中間波動を狙う目的でこの指標だけに頼ったトレードはリスクを伴う。
大きな波動のトレンド・フォローでポジションを取り、その‘つなぎ‘やヘッジのポジションをとるタイミングをパラボリックで測る方法は合理的な手法と言える。
このような売りと買いの両方のポジションを持つ場合のリバランスの為に使うことが出来る。