×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 logo

ウィリアムズ%R

ウィリアムズ%R

 ウィリアムズ%Rはラリー・ウィリアムズによって開発された。考え方はRSIと同様に一定期間の価格変動幅=レンジの中で現値が相対的にどの位置ににあるかを捉えようとするオシレーターである。「R」はレンジを意味する。%Rは価格の振幅に対して感応度が高いために価格よりも先行してシグナルを出す。反面、敏感すぎて所謂ダマシに遭いやすいと言える。計算式は以下の通りである。

%R = (−一定期間の最高値−当日の終値)÷(−一定期間の最高値−一定期間の最安値)×100(%)

一般に-20%以上が買われ過ぎ、-80%以下が売られ過ぎと見る。しかし、0%以上や-100%以下になり、天井や底付近に張り付いたままになることも頻繁に起こる。その為、この習性を逆手にとって利用する方法がある。この指標は頻繁に天井・底に張り付いて一定の幅を作って推移する。天井付近の場合は、この幅の下限を割って下降を始めると売りシグナルと見る。底付近の場合はこの逆に底付近に張り付いている幅の上限を上抜いた時に買いシグナルと見る。以下にその例を示す。
 下のチャートを見ると−80%以下で一定の幅を作って張り付いている(緑色楕円)。これを放れて-80%ラインを上抜いたら買いシグナルとなる(青色丸)。